院長紹介

愼命堂鍼灸院の腰痛と頭痛の治療が得意な院長

ごあいさつ

はじめまして

当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。
院長の後藤 慎吾です。

身体に不調やケガがあると症状以上に気持ちが落ち込んでしまいますよね。それによって、生活に支障がでたり、したいことができないというのはつらいことです。

私自身も学生時代に打ち込んでいた陸上でケガをすることが多く、随分苦しんだ経験をしました。

様々な治療を受けるなかで「はりきゅう」に出会い、その効果と施術の奥深さに感銘を受け「はりきゅう師」になる決意をしました。

当院では、慢性症状はもちろん、突発性難聴や不眠、不定愁訴など、原因不明の症状でお悩みのかたもご来院いただいております。

身体の不調や痛みで苦しんでいる方の手助けが少しでもできればと願っております。

経歴

鍼灸師を目指したきっかけ

私(院長)は水泳に始まり剣道、陸上と幼い頃からスポーツをしてきました。
中高でしていた陸上ではケガが多く、そんな時に紹介されて訪れた鍼灸院で、私がはりきゅう師を目指すきっかけとなった先生に出会いました。その先生は盲目の方で、何でもはっきり言われる先生でした。(ズバズバ言われすぎて心折れかかることも・・)
鍼灸治療を受けていく中でその効果と施術の奥深さに感銘を受け、はりきゅう師になる決意をしました。

高校卒業後すぐに福岡市にある専門学校に入学。高校までは部活ばかりしていたため、入学して授業やテストの勉強に悪戦苦闘する日々でした。しかし、私みたいにスポーツでケガや体調不良で悩んだり苦しんだりしている方や日常生活や仕事が身体の不調によって思うように出来ない方の力になりたいと思い、3年間猛勉強し、「はり師」「きゅう師」の国家資格を取得し、無事に卒業することが出来ました。
卒業後は福岡市にある(はりきゅう・マッサージの)治療院に就職し勉強の日々が始まりました。

修行時代

就職した治療院では開業するまでの約8年間勉強させていただきました。そこでは、県内でも珍しい中国鍼を使用した治療をしていました。

多い時には1日20人以上の方が来院されるため、就職してすぐの頃は慣れていないこともあり腱鞘炎や肩の張りの痛みを我慢しながらマッサージする毎日でした。一時はモノが握れなくなるほど両手の親指や手首が腫れあがり曲げることもままならなくなりましたが、この日々が今の私の治療力の基礎になっていると思います。

痛みやシビレで悩んでいる方が多く来院されていたため、首肩や腰・膝などの痛みやシビレの治療を数多く行ってきました。また多種にわたる競技の学生や実業団所属の選手、個人や地域のチームに所属している方達も診させていただきました。
その経験により、同じ症状(腰痛や肩こりなど)でも起こった背景や原因が違えば、それは全く違う症状になっていることを多くの方を診ることで知ることができました。

また先生からは「何でもできるようにしときなさい」と指導され、痛みの治療だけでなく様々な治療について学ばせていただきました。また治療院でできないことは勉強会やセミナーに参加することで出来る事を増やしてきました。

それは独立してからも同じく、常に勉強をすることで、来院される方に最善の治療を提供する努力を惜しまないように心がけています。

想い

私は、小学生の頃はスポーツに携わる仕事がしたく「インストラクターになりたい」と思っていました。高校の時に出会った鍼灸に感銘を受けたこともあり、この思いが鍼灸ではスポーツをしている方だけでなく痛みや不調で悩んでいる方の役に立てるという想いで「鍼灸師」になる決意をしました。

鍼灸師になってからは様々な身体の不調で悩んでいる方を診てきました。
頭痛で悩まれている多くの方は薬を手放せない、首肩こりや腰痛で悩まれている方は何をしてもどこに行っても治らないと来院されます。
また、首や腰のヘルニアや狭窄症の手術を回避したい手術は成功したと言われたが違和感が残っていると来院される方もいます。

痛みの原因は多種多様あり、薬を飲めばその場は乗り越えられるかもしれませんし湿布を貼れば一時的に緩和するかもしれませんが、それは根本的な解決にはなっていません。しっかりと原因を見つけることが大事であり、治療をしていくことで症状の軽減・消失が望めます。

私は身体の痛みや不調でお悩みの方が少しでも暮らしやすくなる手助けができればと思っています。
あくまで「東洋医学・鍼灸」というのは、自身が本来持っている自然治癒力を高めたり・引き出したりするためのサポートをするもので、身体が元の状態に戻るために回復を早めたり・身体の内側を整えたりすることにより、お手伝いをしているだけなのです。

私が治療をして治しているのではなく、私はあなたのサポート役でしかありません。なので、症状を緩和・改善させるためには生活改善やセルフケアをしていただくこともあります。
改善するために一緒に頑張りましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。